ホームへ

雑記

前回

2021年5月1日 切り出し3本

その251

 
切り出し  

 切り出しナイフ、以前3本とも竹で鞘(雑記221)をこさえましたが、ちょっとムリがあって似合いません。新調しました。

 1本だけは綺麗に収まっていましたので、そのまま残しました。あとのは正面から見るといいのですが、横からだと鞘が分厚くてカッコワルイです。これ、新しいの作ってやらないといけません。一本目、やはり革です。これは作り慣れているのでスンナリと出来上がったのはいいのですが…あらっ、表と裏が逆だ…。このまま鞘を抜くと、刃の裏側が出てきます。ダメですよ…そのうち直そ…。問題はもう一本です。この刃は中央部がかなり盛り上がっていて、竹で作った時その盛り上がり部を収めるのに苦労しました。なので革で作ればいいのですが、せっかくですからみんな違うものにしたいです。木だと竹より厚くなってしまうし、なんだろ…色々寝ないで考えた末…そうだ帯地だ。帯地というのは、うちの奥さんが作っているコースターの材料です。amazon で売っています。「コースター 布」ってやると Amazon's Choice に推薦されています。この帯地は、籐巻きの切り出しによく似合います。二重にして刃の出し入れにも丈夫ですし、布目と籐の巻き目が丁度揃っていて、帯模様も籐の飾り風です。いい具合にできました。

 やっぱり愛着があるのは、自分でデザインして日本橋うぶけやさんで打ってもらった右のナイフ(雑記79)です。もう何十年にもなります。革の鞘、早く作り直してあげなきゃね…。